全てのご利用が無料♪
東京都23区と多摩地域の無料ネット情報サイト!近くにいても知らなかった東京都のお店や企業、素敵なプレゼント、地域のお役立ち情報があふれています。
足立区しっとくまちねっと知っ得まちネット
知って得する新聞折込チラシお近くのお店のお得なチラシ情報をチェック!
足立区エリアの店舗・企業様のチラシを掲載しています。

映像で観る美と知性の宝庫足立

足立は、大都市江戸に新鮮な農産物を供給する地域として発達し、なかでも日光道中、奥州道中の初宿である千住は、野菜・米穀・川魚などの物資の集散地、商業の町としてにぎわいました。  
その豊かさを背景に、人々は俳諧、書画などの風雅に親しみました。とくに、江戸文化が華開いた江戸時代後期、酒井抱一や谷文晁ら江戸の作家たちと、建部巣兆や舩津文渕ら足立の作者たちが出会い、交流が始まりました。そして江戸と足立の人々が共に愉しむ社会が生まれました。  
作者たちの豊かな交流を支えていたのは、千住の町衆や大農家―名士たち―でした。床の間を飾る掛け軸から、屏風などの調度品、寺社への奉納品など、暮らしの中に絵や書を取りいれていきます。そしてついには、町衆や大農家から作者も登場します。さまざまな人々の響きあいが生んだ暮らしは連綿と続いていました。今回ご覧いただく掛け軸、屏風、俳諧短冊などは、江戸後期から大正時代まで、芸術文化に親しんだ人々の息吹を今に伝える遺産です。  
風雅な社会を生み出した人、物、場所を映像でご覧いただくとともに、作品をご鑑賞いただき、美と知性の宝庫をご体感ください。  
 
【開催】2020年7月23日(木)〜9月6日(日) 9:00〜17:00  
【場所】足立区立郷土博物館  
【住所】足立区大谷田5-20-1  
【交通】JR「亀有駅」から東武バス「足立郷土博物館」下車他  
【入館料】一般200円、中学生以下・70歳以上無料  
【お問合せ】TEL.03-3620-9393(当館)
対象期間 2020年07月23日〜2020年09月06日
店舗・企業名 テブクロ
カテゴリー イベント
リンク https://www.city.adachi.tokyo.jp/hakubutsukan/index.html

記事のご投稿ありがとうございました。
皆様もぜひ、記事をお書きになって情報発信をお願いいたします。





会員ログイン
新規会員登録
メルマガ登録
  • お名前
  • メールアドレス
メルマガ登録送信
ページトップ